technology-施工技術

セルローズファイバーの特徴

自然が生んだ理想の断熱・吸音材
セルローズファイバーは、綿状の木材繊維で、それ自体が空気を内包していて熱を伝えにくい性質をもっています。
しかも、隙間なく施工できるので、マット状断熱材のように、その継目や隙間から暖気や冷気が出入りすることもありません。
夏は熱気を抑えて涼しく、冬は寒気を防いで暖かく、快適環境の中で冷暖房費を節約することが可能です。
Co2削減は時代の要請でもあります。セルローズファイバーで環境にやさしい生活を実現しましょう。

防燃性
万一の火災にも対応万全
セルロースファイバーは、防燃処理され、炎にも表面が焦げるだけです。万が一火災にあったとしても延焼を防ぎ、有毒ガスの発生もありません。(難燃3級)

撥水性
水をはじくから雨漏りにも安心
屋根のわずかな雨漏りに対しても大丈夫。水をはじく処理を施してありますので、セルローズファイバーが水を吸って重くなり、天井に負担が掛かることはありません。

安全性
国際的に認められた安全性
セルローズファイバーは木質繊維であり、添加されているホウ素系薬品は医療にも使用され、入体への蓄積や残留がありません。(財)日本建築総合試験所でF☆☆☆☆同等の性能が証明されています。

防カビ性
カビや害虫を寄せつけません
ホウ素系薬品による特殊処理と天然素材がもつ吸放湿性の効果で力ビや菌の発生を防止。またゴキブリ、シロアリ等の害虫にも効果があります。

防錆性
クギなどの金属をさびさせない
クギや建築金属等と接触しても、錆の発生等がありません。錆によって建物が破壊される心配がありません。

エコロジー
原料にリサイクル紙を使用
主原料として、新聞残紙を使用しています。



セルローズファイバー比較

住宅における断熱対策を行うと、夏の暑さや冬の寒さが和らぎ、エネルギー料金の節約となり、防音効果と相まって快適さが向上します。 そのために住まいのエネルギー費効率分析を行い、セルローズファイバーによる断熱対策をお薦めします。


セルローズファイバー比較 セルローズファイバー比較

セルローズファイバー施工の流れ

セルローズファイバー比較
お問い合わせ
IONHOME
お問い合わせはこちら

注文建築について施工例工法技術建築までの流れよくある質問会社概要個人情報保護方針お客様の声サイトマップお問い合わせ