flow-フロー

ヒアリングシートへの記入

お問い合わせ頂いたら、HDA式ヒアリングシートの記載をお願いしています。
ヒアリングシートとは、要望を書いていただくシートです。

普通に要望を伺うヒアリングシートではなく、我々が今までの経験に基づいて、 伺いたい内容をまとめたもので、シートの記入は、住まい作りの第一歩だと思っ ています。シートを記入する際に、御家族や御親戚などと相談する事になると思 いますが、そうすることで色々な発見があります。
そういった発見が我々の設計にはとても重要なものになります。

打ち合わせ

ヒアリングシートを基に、打ち合わせをさせていただきます。
シートを書いて頂いているので、イメージの浮かびやすい打ち合わせができます。

設計概算見積もり

気に入ったデザイン・間取りの住まいができました。
『でも、これがいくら位なんだろう?』-気になるのは金額ですよね。
設計が終わっていないので、『***円で出来ます!』とは言えませんが、今までの経験から、 概算でお見積もりを作ることが出来ます。
正確な数字でなくても、希望の住まいが大体いくらなのか。自分達の予算でできるのか。
ここまで検討してファーストプランの出来上がりになります。

ここまで無料!-設計依頼の申し込み

ここまでの検討で、『デザイン気に入ったよ。』『このプラン気に入ったよ。』『設計者と気が合いそう。』 …家づくりに対する姿勢、提案などを見ていただき、 「一緒に家づくりをしたい!」「ここに家づくりを任せられる!」 と判断いだだけましたら、イオンホームへ設計を依頼してください。
もちろん、気に入らない場合は遠慮なくお断り頂いても構いません。

ファーストプラン完成!

ファーストプラン完成。楽しみな瞬間です!!
雑誌で見ている住まいは、結局他人の住まいです。ご自身の要望でデザインされると全く異なる感覚になります。
敷地条件、法規制、 家族構成、要望…やっぱり、住まいはオリジナルなんだと思って頂けると思います。

セカンドプラン作成

ここからが本番。出し切った要望を吟味します。
ファーストプランで出来たプランをブラッシュアップしてより自分達に合ったものにデザインして行きます。

二回目は必ず一回目よりも良いものができます。
新しい発見も沢山あります!

実施設計開始

間取り、大まかなデザインが決まったら、詳細な部分を決定して行きます。

工事を進める為に必要なより詳細な図面や仕様の決定を行います。
柱や梁など構造部材の種類や大きさ、キッチンやトイレなど住宅設備の仕様やグレードなど、お客様に一つづつ確認をしながら設計図をまとめていきます。
実施設計の途中にもお客様の意向を確認したり、ショールームなどへ同行したりして現物を確認してもらいます。

実施設計というと堅苦しいけども、とても楽しい作業です。

役所申請など、着工準備

役所の申請や、着工の準備、ローンの準備などはじめます。

見積調整の見通しがついた頃合いを見計らって、建築主事に建築確認申請を提出します。
さまざまな法規制を考慮した図面かの審査を行います。
建築主事の「確認済証」がないと工事を行うことはできません。

着工へ!

土地の神さまを鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得て工事の安全を祈ります。
地鎮祭を経てよいよ着工です。

注文建築について施工例工法技術建築までの流れよくある質問会社概要個人情報保護方針お客様の声サイトマップお問い合わせ