FAQ-よくある質問

注文住宅について

注文住宅は規格型の住宅とどう違うの?

同じようなデザインの住まいをあちこちで見かけた経験はありませんか?
それは住宅メーカーなどが手掛ける、規格型といわれる大量生産の住宅。
建てる人の希望を全てカタチにした家とは言えないものです。
その点、一からプランニングをしていくのが注文住宅。
それぞれの住まいへのこだわりを実現し、ほかのどこにもない自分だけの住まいという、
何物にも代えがたい満足を手に入れることができます。

注文住宅はどのくらい思い通りの家がつくれるの?

注文住宅は規格型住宅と比べて制約が少ないので、外観のデザイン、間取りはもちろん パティオ(中庭)などのアイデア空間づくりや細やかな収納アイデア、内・外装材もちろん バリアフリーや介護に至るまで自由に選択・実現することができます。
当サイトでは、そんな注文住宅のメリットを存分に生かした『世界でたったひとつ』の 住まいづくりの実例をご紹介しています。
ぜひご覧になって、注文住宅の魅力を感じてください。

注文住宅は自由だといっても、制約はないの?

法で定められた構造強度の基準などがクリアされれば、基本的には制約はありません。
さらに、昨年建築基準法が改正され、建材・設備などに「何を使うか」という仕様の規制が取り払われたことで、 一定の基準さえ満たせばより自由な家づくりができるようになりました。
注文住宅でオリジナリティあふれる家をつくる楽しみが、さらに増したと言えます。

長期優良住宅って出来るのですか?

当社も長期優良住宅対応の仕様になっております。
ただし、お客様のデザインにより多少の制限がかかる場合が有りますが当社、設計者によりお客様の負担を軽減出来ますようにしております。

土地について

土地が決まっていないと、依頼できないのでしょうか?

ぜひ、土地探しから当社を活用してください。 家や店舗を建てるのはほとんどの方が初めてだと思います。
初めてだと、どのような土地を購入してよいか迷うと思います。
不動産業者は土地取引の専門家ですが、法規が詳しい方は少ないと思います。
土地によって道路斜線・北側斜線・採光斜線・・・などを考えて、 その土地にどのような建物が建てられるかを調べてから購入する事を強くお薦めします。

狭小地や変形・傾斜の土地にも建てられますか?

広くて形の良い土地に建物を建てたいと思っている人は多いと思います。
でも、中には変形・狭小地に建てざるを得ない方もいます。
私達は、どんな土地でも大切な土地だと思っています。
変形・狭小の土地には狭く暗い建物しか建てられないのでしょうか?そんなことはありません。
変形・狭小の土地に色々な工夫を取り入れることで可能性を広げ、 広い空間を取った光の入る建物を提案できるのが私たちの仕事だと思います。
もし、変形・狭小の土地に建物を建てたいならイオンホームに依頼してください。
難しい条件があればあるほど快適な建物をご提案することに一生懸命になります。

土地が狭いのだけれど、対応してもらえますか?

狭小敷地や変形敷地に快適な住まいを実現できることこそ、注文住宅ならではの特長です。
自由設計の利点を十分に活かし、限られた土地を最大限利用することが可能です。

保証について

建物の保証はありますか?

はい。イオンホームは国土交通大臣登録住宅性能評価機関J10(日本住宅保証検査機構)に加盟しています。
いつまでもご安心して住んでいただける10年保証システム(20年可)です。
公正中立な第三者機関が建築される住宅・店舗併用住宅、賃貸住宅を検査し保証します。
また、J10では地盤調査・地盤調査保証も行っております。
足元を安定させ、地盤にあった基礎を提案します。
調査方法はスウェーデン式サウンディング試験を標準としています。

完成後、何十年と住む大切な家、アフターサービスは大丈夫?

当社施工により、すべての施工されたお客様の建物をデータにて管理・保管しておりますので、不具合箇所を確認、即対応致します。
尚、3ヶ月・6ヶ月、1年、2年点検(従来)及び5年、10年、15年、20年(長期優良住宅による)定期点検(無料)を行なっております。

料金について

注文建築って、高くない?

「注文建築=高い」、そんなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、決してそんなことはありません。
お金をかけるところ、標準でいいところなど細かい対応ができるのが、注文建築のいいところ。
コストに対する柔軟性もありますので、予算に応じた希望する家を建てることができます。

どの段階から料金がかかるのでしょうか?

相談だけでも料金がかかるのでは?とご心配される方もいると思いますが、イオンホームは設計契約を結ばない限り料金をいただきません。
プレゼンテーションも無料で行います。お客様のご要望をいただければ2度・3度・・とプレゼンテーションを行います。

建築費の予算調整はどのように行いますか?

全ての希望を叶えようとすると建築費の予算よりオーバーすることもあります。
その場合、もう一度必要な物を確認します。
設計者は施工の方法、材質などを再検討します。設計図を修正し再見積をとり予算内に収まるようにします。

予算オーバーすることはありませんか?

イオンホームでは、お客様のご希望の予算に合わせて予算計画書を作成いたします。
建物を建築するには建物費以外にかかってくる費用があります。
(地質調査費、契約印紙代、家具、カーテン、水道加入金、ローン諸費用、登記費用など)。
完成後に予算オーバーと言うことが無い様、最初に予算計画書で予算決めをしておきます。
イオンホームは予算に応じて創意工夫をしてプランを考えます。
また、予算が少ないからと言わずお気軽に設計事務所へご相談ください。
家は家族と共に成長していくものだと思います。最初から全てを揃えてしまわず、 自分の生活に必要最低限の物を見極めて徐々に付け足して行く考えもあるかもしれません。
イオンホームでは金融機関への融資手続きをさせていただいております。
返済のシュミレーションの作成、金融機関のご紹介等も行っております。

注文建築について施工例工法技術建築までの流れよくある質問会社概要個人情報保護方針お客様の声サイトマップお問い合わせ